↑クリックするとメッセージを送ることができます
精密プラスチック金型製造で業界を代表、一般的に「金型ができない」といわれているものを設計の工夫により作り上げ、複雑形状、高精度寸法、高耐久性を必要とする部品の金型を実現。大学や研究機関との連携により、超精密ナノレベルの加工・計測をターゲットとした技術開発によりカメラ、プロジェクター等の光学分野をはじめ、医療分野など幅広い分野に対応しております。
サブミクロンレベルの加工精度を実現
製造各部署と設計部門を緊密に連携した効率的な工程フローによって、作業のスピードアップも同時に達成し、 精密金型メーカーとしての本領である「精度」と「スピード」をいかんなく発揮しています。
超精密加工・ナノレベルの超精密金型の開発
独立行政法人中小機構の戦略的基盤技術力高度化支援事業の委託を得て、ナノレベルの超精密金型の開発プロジェクトを、かわさき新産業創造センターにて進めており、すでにホログラム光学素子用金型などのナノレベルの超精密金型を製造しています。
金型加工・超精密加工で培った品質管理体制によって超精密部品加工を、高品質かつ安価に提供します
精密部品加⼯センターでは、プラスチック精密金型の設計・製作で培った確かな技術を活かして、精密部品の加工から特注治工具の設計・製作まで、トータルサポートをしております。
国内でも内最先端の設備を有しており、中国やフィリピンなどのグローバルネットワークも活かして、⾦型の部品加⼯からプラスチック精密⾦型、超精密⾦型、特注治⼯具の組⽴製作、表面処理や検査・測定まで一貫対応いたします。