弁理士は「知的財産に関する専門家」です。特許取得等の手続代理だけでなく、顧客が事業を優位に進められるように助言を行うのも、弁理士の重要な仕事です。その支援範囲は、知財棚卸し、ノウハウ管理、侵害リスク対応、知財戦略策定、知財に関する契約・交渉など多岐に渡ります。情報開示を伴う展示会出展・商談に始まり、交渉、契約、企業連携・共同開発を経て、製品の上市に繋がる医工連携には、弁理士による支援が不可欠です。