1994年に世界初のDNA専門研究機関として開所以来、世界のDNA研究をリードしてきました。弊所で導入している世界最先端の機器と日頃の研究で培った高度な技術を駆使し、DNAに関する塩基配列分析や植物ゲノムの解析だけでなく、質量分析や遺伝学的検査を通じて産業、医療分野への貢献をしてまいります。
DNA解析センター
さまざまな実用植物や微生物を対象とするゲノム関連解析、DNA マーカーの開発やそれを活用した育種支援、品種識別やF1種子の純度検定、さらに種子病害検査等を通して、「農産物の品質向上」、「食の安全・安心」、「農産物の適正な流通」等に活用できる DNA 解析技術を広く社会に提供し、世界的に深刻になっている食糧不足や食の安全などの問題解決に貢献します。
生体物質解析センター
生体物質解析センターは、かずさDNA研究所のメタボロミクス/リピドミクス受託解析サービスの窓口として設置されており、ヘルスケア・医療・農業・食品などの幅広い分野へと展開しています。また、これまでに培った前処理・分析・解析に関する様々な知識と経験を活かして、最適なメタボロミクス/リピドミクスのアプローチを提案するコンサルティングも実施しております。
受託業務に関するアンケート
かずさDNA研究所が行っている受託業務について、今後の参考にしたいと考えておりますので、アンケートへの御協力をお願いいたします。