宮崎市学園木花台西1丁目1番地
↑クリックするとメッセージを送ることができます
宮崎大学では、医学部・工学部・農学部間の異分野融合研究、産学・地域連携を推進するべく、「医農工連携」プロジェクトを積極的にサポートしています。特に「東九州メディカルバレー構想」のもと、本学の医療者や研究者及び地域の産業・医療現場との連携を深め、宮崎県ならではの医療機器開発をすすめています。
また、現時点で県内企業ではサポートが難しい医療機器開発分野では、国内の展示会や商談会に参加し、機器開発のパートナーを全国に求める活動も行っております。
新生児体重計測のイメージ
保育器の上方にある3Dカメラで撮影し、算出された体重等のデータは、撮影者(医療担当者)のスマートグラスで瞬時に見ることができる。
新生児の画像から三次元データへの変換
3Dカメラで撮影された画像から新生児を抽出、 各部位を認識させて3Dデータ化し、標準モデルとフィッティングさせる。