熊本県玉名郡玉東町稲佐288
↑クリックするとメッセージを送ることができます
弊社はミシン針で培った針造りのノウハウを活かし、医療関連、アパレル関連、工業用など、様々な分野の針や部品の製造を行っております。また、昨年度は熊本大学と㈱キュオールと共に実験用マウスへの生体組織移植針キットを共同開発を行いました。お客様からの様々なご要望にお応えするべく、お客様との対話を大切にし、日々技術の向上に努めております。
精密部品の受託開発-受託生産
当社は創業以来、ミシン針の製造に専念して参りました。そのノウハウを活かし、受託開発にも力を入れております。精密部品は様々な方面で利用され、その形状や用途は多種様々です。使用している設備は、ミシン針の製造設備をベースに多品種の精密部品を加工する為に改造されたものが殆どです。日々改善を行い、品質向上やコストダウンに繋げております。
極細多面研磨
極細多面研磨を、自社開発装置により加工致します。
・線径Φ0.3~1.0mmに多面研磨が加工
・面は最大6面、面角度は等角、不等角どちらにも対応可能
・研削深さも各面毎に変更可能
医療業界他、多様なニーズに対応いたします。
生体組織移植針キット Ez-Plant
(切開や麻酔を必要としない注射器による組織移植)
生体組織の移植には、主にメスやハサミ等によって切開する方法がとられ、極めて侵襲性の高い施術となるのが通例でした。「侵襲性、操作性、時間、コスト」それらの問題を一気に解決するべく「熊本大学の岡田教授」と同大学内に研究室を持つベンチャー企業「株式会社キュオールの刈谷博士」の考案により共同開発しました。