長野県上田市上丸子1078
↑クリックするとメッセージを送ることができます
ASPINA(シナノケンシ株式会社)は、「世界中の人びとの希望と快適をカタチに」というミッションのもと、お客様と一緒になって徹底的に考え、新しい製品や事業を実現することを目指しています。医療分野では、ブラシレスモータ・ステップモータ・高圧ブロワ・コンプレッサ等の小型・軽量・静音を追求したモーションコントロール技術で、様々な医療機器の駆動や流体制御にご利用いただけるモジュールをご提供しています。
#第二種製造販売業 #ISO13485 #ISO14001 #ISO9001 #医療機器メーカーとの取引実績 #公的資金活用 #製品開発型(OEM/ODM) #試作・開発中 #大学等との共同研究 #地域未来牽引企業
医療機器用低振動コンプレッサ
90°ずつ位置のずれた4つの気筒がそれぞれバランスを取り、コンプレッサ自体の低振動を実現しています。上部に自冷ファンが搭載されており、温度上昇を低減させます。さらに小型化を追求した1気筒コンプレッサは実機の小型化・可搬性の向上に貢献します。酸素濃縮器や人工呼吸器などにご使用いただけます。
医療機器用小型高圧ブロワ
小型でありながら高圧力・静音に特化した医療機器用ブロワです。当社がモータとファンの両方の設計を行うことでブロワ構造の最適化を実現しています。圧力は5kPaと10kPaタイプの2種類のご用意があり、用途に合わせてご提供が可能です。CPAP機器や人工呼吸器などにご使用いただけます。
医療機器の設計・生産にASPINAのODM/OEM、モジュール開発受託
モータ・ブロワ周辺のモジュール設計から医療機器の開発・製造受託まで幅広くご支援します。発想段階から量産まで、ASPINAは開発のどの段階からでもお客様と共に取り組みます。