↑クリックするとメッセージを送ることができます
株式会社西軽精機は、NC自動旋盤を使用し、小径の複雑な金属部品の加工をしている製造業です。多条ネジやボーンスクリュウ、内径六角加工、偏芯加工などの医療機器に欠かせない特殊加工が得意です。Φ0.5からΦ35までのチタン等の難削材や、試作1ヶから量産まで対応します。信州大学先鋭領域融合研究群バイオメディカル研究所と連携し、高機能・高耐久型人工関節・脊椎椎体スペーサーの開発を行っています。
医療機器部品には欠かすことのできない、特殊ネジ加工品
送りネジに使用される多条ネジ(写真は6条ネジ)や、実際に人体に入るボーンスクリュウなどの加工をしております。多条ネジは、通常ダイスにて加工する為、長い納期と高いイニシャルがかかりますが、弊社は独自の方法により、短納期と低いイニシャルで加工する事ができます。ボーンスクリュウも、図面だけ頂ければ、刃物を製作し、加工をさせて頂きます。
インプラントに最適な対辺1.0の極小径六角穴加工が可能です!!
極小径六角穴や、長物への六角穴加工など、通常の加工ではできない加工ができます。また、六角穴加工は、大量生産なら低コストでできますが、小ロットでは高コストになってしまいがちです。弊社では、機械上で同時に六角穴加工をする事で、小ロットでも低コストにて、六角穴加工をする事が可能です。サイズも対辺1.0~18.0まで対応加工です。それ以上のサイズもご相談下さい。
短納期、イニシャル無しで加工できる高精度偏芯加工品!!
偏芯加工というと、ブランクと治具を作成後、二次加工にて治具を使用し、偏芯加工をするのが通常です。しかし、一度チャックから外してしまう為、直角度や同軸などの幾何公差が出なくなる可能性があります。そこで弊社では、機械内で同時に偏芯加工をする事で、高い精度を確保する事ができます。また、治具を作成しない為、短納期と低いイニシャルでの対応が可能となっています。