福井県福井市石橋町31字甲ノ山119番2
↑クリックするとメッセージを送ることができます
人工鼻の国内生産比率は約1.4%(2018年薬事工業生産動態統計調査より)とほぼ全量が海外品に頼っているのが現状です。
新型コロナ感染症治療や麻酔処置など様々な治療で使用されている人工呼吸器に使用されている人工鼻加湿フィルタの国内での安定供給が喫緊の課題となっており、サプライチェーン対策のための国内投資促進事業の一環として、濾紙製造技術を応用し人工鼻用加湿フィルタの開発・生産を目指しております。
人工鼻加湿フィルタ
人工呼吸器を使用される患者の呼気の熱と水分を捕捉し、これらを利用して吸気を加温するフィルタであり、この心臓部となる加湿フィルタ部分の製造を福井工場にておこないます。