穂栄株式会社はファインバブルと酸素を使った生産技術を核に2010年に設立しました。Withコロナ社会にこの技術を役立てたいとの思いから、熊本市の助成を受け「体内に入れても安全なオゾン水」生成装置を開発。既存の電解式オゾン水の異物混入問題や短時間で分解されるオゾン水の課題をクリアし、8時間持ち運び可能なオゾン水を実現。医療や福祉などの集合施設における殺菌水生成装置としての商品化を目指しています。
安全につくれる飲用オゾン水生成装置
消毒用と飲用可能オゾン水を同時に3L/20分・サイクル生成する装置です。装置は前段の水電解用電極を備えた電解オゾン水生成部と、後段の前段部分の未溶解オゾンガスを捕集して水に溶解させる気液溶解部とから構成され、前段部分で生成されたオゾン水は電極由来の異物が混入するので手指などの消毒に利用します。後段部分で生成するオゾン水は異物を含まず、8時間にわたり2㎎/Lオゾン濃度を保持し飲用可能なオゾン水です。
酸素水で潅水して収量アップ!! OXY+ agri(農産用酸素水潅水装置)の紹介
"※この動画はオゾン水生成装置の動画ではありません。 農業用装置の紹介動画です。実際に導入いただいている農園の様子や農作物を動画や写真でご覧いただけます。 潅水の酸素濃度を高めることで、作物の成長促進や免疫機能を向上させ、収量の増加や品質向上等による生産性の向上を実現します。"