秋田県医療機器等ビジネスマッチング・プラットフォーム
  • アクセス数
  • 👦登録者数578
  • 👦チケット登録数758[クリックで内訳を表示]
  • タイヤカバー

    医療機器を移動する際にケーブル類を踏まない、かつ飛散する血液や体液からタイヤを保護するカバー

    ログインしてください
    コード類の被霞損傷や断線などを防止したい

    コード類の硬質部と軟質部の断線予防アイテムとしてのオプション補強製品(※スマホ充電器などでの商品はあり)。医療現場のシーンにより仕様やデザインの多様性も考慮。

    ログインしてください
    クロックス®タイプのMade inあきたの医療シューズ

    医療スタッフが履く機会が多い医療シューズ(クロックス®タイプ)をMade inあきたで開発生産できないか?※形状的に疲れにくい、カラーデザイン、オーダー生産などを考慮。

    ログインしてください
    ベッドサイドの配線やラインを整理する器具

    ベッド周りの配線やケーブル類を整理し、転倒予防およびベッドがスムースに動かせるようする

    ログインしてください
    起立・立位訓練のしやすい歩行器

    車椅子座位やベッド座位から起立・立位訓練がしやすいような歩行器があると非常に便利

    ログインしてください
    感染症対策に留意したシンクの開発

    手洗い場での水はねは衛生管理の面から欠かせないチェックポイントで各病院、施設で苦心している。現状は使用後に水はねをペーパーで拭いているが、昨今手を洗う機会が増えているので水はね管理は常時できず難しい。トイレ用の手洗い場、身障用洗面台等のデザインの工夫があれば教示頂きたい

    ログインしてください
    ニーズの詳細

    ニーズ管理者 秋田県

    リクライニング型車いすと点滴スタンドを同時に安全に介助できる機器

    入院患者で標準型車いすへの乗車が困難かつ点滴や膀胱留置カテーテルを使用している者に対し、現在はリクライニング型車いすに乗車してもらった上でキャスター付きの点滴スタンドを併用するため、介助者1名の場合、車いすと点滴台をそれぞれ片手で操作することになる。片手での車いすの操作は容易でなく、安全面においても課題がある。リハビリテーションの観点から患者の早期離床は重要であり、その機会を増やすためにも介助者側がより安全に容易に介助できる状況が望まれる。既存製品や車いすのオプションとしての設定はあるが、より安価で汎用性の高い機器の開発が望まれる。

    ログインしてください
    ニーズの詳細

    ニーズ管理者 秋田県

    寝たきりの人が着ているように見えるシャツ

    入院患者において、寝たきりの状態で拘縮等によりシャツの袖を通せない、寝返りも困難(無理に行うと骨折に繋がる)者がいる。前開きシャツを前後反対にして何とか袖を通して着せているケースもあるが、ボタンやマジックテープの部分が背中に回り、皮膚トラブルや褥瘡に繋がるリスクもある。子供の前掛けのような形で着用できる、もしくはかけられるような商品があれば患者の尊厳を保ちつつ、介護者の負担を減らすことができると考える。

    ログインしてください
    ニーズの詳細

    ニーズ管理者 秋田県

    https://conference-park.jp/needs/27
    https://conference-park.jp/needs/27#seeds