めっきは延岡では昭和29年から行っており、ISO14001を1999年10月に、ISO9001を2005年11月に認証取得。医療機器製造業の許可を2016年11月に取得。「めっき技術を活用して医療機器開発に貢献する」をスローガンとし、めっきのパイオニアとして関連企業、医療機器メーカー、行政、医療従事者等と連携して地域社会への貢献を目指しています。

#医療機器製造業
動画[クリックで再生]
安全エアー吸入式軽量化ウイルス防護服
ヘルメットタイプの防護服を軽量化しました。外部からのエアー吸入口に銅めっきをした不織布フィルターを活用。より安全な防護服を目指した試作品です。医療関係者が利用する場面では、頭部を陽圧にして銅めっき不織布フィルターを通した外気を導入、コロナウイルス陽性が疑われる患者さんが利用する場合には、頭部を陰圧にして銅めっき不織布フィルターを経由して空気を排出することで、医療現場の安全を守ることが期待されます。
銅めっきした不織布やフィルター
銅めっきマスクは、旭化成のポリエステル不織布(プレシゼ)へ吉玉精鍍が銅めっきした素材を中に入れて、丸松がポリエチレンで挟んで縫製処理を行った試作品です。また、HEPAフィルタへも銅めっきをしています。
一般的に銅金属には抗菌性能や、抗ウイルス性能、消臭性能、電磁波遮蔽性能などがあると言われていますので、その特性を活かした製品開発を進めています。