筑波大学T-CReDO、TR推進・教育センターでは、経験豊富なチームによるハンズオンでの伴走支援の下、既存の枠組みと経験を最大限に活用し、臨床現場観察実習・ニーズ調査・開発戦略相談等に取り組みながら、『国際展開可能な次世代医療機器の研究開発人材育成』の実現を目指しております。
臨床現場観察実習-Clinical Exposure-
医療機器開発の鍵になる医療現場のニーズ探索や医師とのブレインストーミングを取り入れたプログラムを、体験実習から個別対応実習まで種々のレベルで提供。対象施設として附属病院だけでなく、県内の小児病院や在宅医療施設、関連病院との協力体制もできています。本学では、学外デザイナーの協力により観察手法やアイデア創出法にも注力しており、オンラインワークショップに取り入れたプログラムも導入開始しています。
臨床ニーズ調査&企業(シーズ)マッチング
T-CReDOでは2018年からつくば医工連携フォーラムに併せて臨床ニーズ調査を行ってまいりました。茨城県のコーディネーターとも連携し、県内企業へのニーズリスト提示、TV会議による打ち合わせを経て臨床現場見学実習へ進める運営体制を構築し、少しずつ実績を上げています。つくば発となる革新的な医療機器創出の『種』となる臨床ニーズ収集し、共同研究等への発展を支援してまいります。